なでしこドロー、オシムJは逆転勝ち

女子サッカーワールドカップの初戦でイングランドと対戦した日本代表(なでしこJAPAN)は2−1でリードされつつも、後半ロスタイムの終了間際にFKを決めてなんとか同点に追いつき勝ち点1をゲットしました。この試合はテレビで観戦してたのですが、イングランドは勝てない相手ではなかったので次のドイツ戦を考えると勝ち点3は欲しかった。しかし、最後よく終了間際に追いついたなあ。

なでしこJAPANの試合を見終わって次はオシムJAPANのスイス戦を見ようとしたけど次の日のことを考えるてやっぱり寝ることにしました。オーストリアとの試合がつまらなかったので、スイス戦もあまり期待していなかったからです。しかし、ニュースでスイス戦は4−3の逆転勝ちという結果を知り、無理してでも見とけばよかったかなと少し後悔しました。


なでしこ、イングランド相手にドロー発進/女子W杯
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070912-00000051-ism-spo

日本、スイスに劇的な逆転勝ち
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070912-00000028-mai-spo



ハイライト動画追加

スイスVS日本


女子サッカーW杯2007 日本VSイングランド

代表メンバー発表

オーストリア遠征のサッカー日本代表メンバーが発表されました。

ようやく松井がオシムJAPANとしては初の代表選出。

FWは週末のJリーグでの試合の後だそうです。

U-22反町J中国と引き分け

約5万人の敵サポーターが応援するアウエーのなかで、しかも審判団が全員中国人という状況を考えれば、0−0の引き分けでも良く戦ったと思います。
なおこの試合のファウルの数は中国16に対して日本が35、警告が日本が4つで、中国が1つ。
反町監督が「私もサッカーを始めて30何年たつけど、こんなレフェリーの裁断でやったのは初めて。大会全体にクエスチョンマークがつく」とあきれるほどの公正さを欠く試合だった。

こんなんで北京五輪は大丈夫なのかな?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070804-00000015-nks-socc

オシム監督 大リストラ予告?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070730-00000089-sph-socc

アジアカップを終えて帰国したオシム監督が、今回の結果を踏まえて、大リストラするみたいです。

オシム「サウジに負けたが、もう一度チャンスを与えようと同じ選手を使った。私が生まれたサラエボの言葉で、“同じチャンスは2度来ない”という言葉がある。2度のチャンスを与えて、ものにできなかった人にはもう巡ってこないかもしれない!」

オシム「選手に共通のアイデアを持たせ、同じようにパスをつなぎ、サッカーをさせることはある程度訓練すればできる。その先は個人で解決しなければいけない。個のレベルアップ? それなしには進まない。訓練とタレントの発掘です」

アジアのトップレベルの相手には、エレガントなパス回しだけでは勝てない、個人の能力が重要ということかな?

今大会の日本代表は、パスを回してゲームを支配するんだけどシュートを打つというのが少なく、オレがゴールを決めるっていう選手が高原ぐらいなもんで、なぜもっとゴールへ向かわないんだろうと、イライラしながら観戦していました。

こういうサッカーがオシム監督の戦略によるものなのか?
あるいは、日本人という性格(気質)によるものなのか?
戦略によるものだったら、戦い方を変えればいいのですが、
日本人の性格によるものだとしたら、例え選手を入れ替えても、根本的には何も変わらないような気がします。


確か、10年南アフリカW杯のアジア1次予選が来年から始まります。南アフリカW杯のアジアの枠は「4.5」。今の日本代表はこの「4.5」の中に入れるんだろうかと心配です。

点を入れられなければ目が覚めない日本代表

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070726-00000105-sph-socc

昨日のアジアカップ準決勝

サウジアラビアに先制をされたがすぐに追いつく、
2点目も入れられたが追いついた。
だが、3点目を入れられた日本は追いつくことはできなかった。

昨日の試合に限ったことではないですが、相手に先制されてからでないと積極的にゴールへ向かうことが出来ない日本、というような印象が強く残ったここまでのアジアカップ2007。
どうして、最初からもっとゴールへの意識をもてないんだろうか?綺麗なパス回しを披露して、ボール支配率を相手より上まっても、結局は点を取らなければ勝てないですよオシムさん!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。